液状化対策にも有効な地盤改良工事「エコジオ工法」

液状化対策として、
公共工事(震災復旧)でも採用。

地震時に発生する地盤の液状化。以前から規模の大きい土木工事(堤防など)や建築工事(大きなビルなど)では、地中に柱状に砕石を詰め込み、水を通りやすくする「グラベルドレーン工法」と呼ばれる方法で液状化対策が行われてきました。

エコジオ工法は、グラベルドレーン工法と同様の効果が期待できます。


液状化に対するエコジオ工法の事例

市営住宅(公共工事)

エコジオ工法は、東日本大震災で液状化被害を受けた地域の公共住宅の建設において、液状化体対策を目的として採用されました。


高速道路

東日本大震災で被害を受けた高速道の液状化(排水)対策としても使われました。


国土交通省へ登録

東日本大震災の復旧・復興技術(液状化対策)として、国土交通省 新技術情報システムNETISへ登録されてます。


三重大学との共同研究により、液状化対策の効果を検証

東日本大震災で液状化被害を受けた地域において、液状化抑制効果を検証しています。


エコジオ工法の設計・施工方法は、当マニュアルに基づいています。

エコジオ工法は、(旧建設省)土木研究所から発行された、
「液状化対策工法 設計・施工マニュアル(案)」に基づき設計・施工を行います。

エコジオ工法の設計・施工方法は、当マニュアルに基づいています。

著書名:液状化対策工法
    設計・施工マニュアル(案)
発行者:建設省土木研究所
発 行:平成11年3月


設計方法

エコジオ工法は、
従来のグラベルドレーン工法と同様に、
ドレーン工法として設計します。

液状化対策工法 設計・施工マニュアル
5.10ドレーン工法(278ページ) ▶

施工方法

「ケーシングオーガー」での施工が規定されています。

液状化対策工法 設計・施工マニュアル 6.6.2 施工方法(375ページ抜粋)

エコジオ工法は、ケーシングオーガー(EGケーシング)方式で施工します。
ケーシング(鉄の筒)の外周にスクリューを備えた装置の一般名称です。 エコジオ工法では「EGケーシング」がそれにあたります。
施工・品質管理

液状化対策工法 設計・施工マニュアル 6.6.5
施工管理と品質管理(388ページ抜粋)では、以下のように定められています。

エコジオ工法では、EGケーシングにより、 穴の崩壊を防ぎ、連続したパイルを構築します。
エコジオの設計・施工方法

EGケーシングが壁面の崩壊を
確実に防止。

砕石は、EGケーシング内を通り、
最下端から押し出される。

砕石だけを確実に締め固めることができるため、設計通りの支持力、透水性を確保。

連続したパイルが、ドレーンの効果を発揮!
地盤に関する質問はお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

非表示開始

とりあえず情報収集がしたい方

メール講座を読む

具体的に相談がしたい方

問い合わせする イベントに参加する
非表示終了

フォームでのお問い合わせ

代理店に関する資料ダウンロード
お問い合わせ資料ダウンロード
お問い合わせフォーム
資料ダウンロード
スタッフブログ
フェイスブック